アジの生態と旬の時期は?販売値段と価格相場はいくら?

アジは大衆魚の代表格で我々の食卓に欠かせない存在です。

青魚が持つ特有のクセや臭いも少なく、新鮮なものは刺身にしても良いですし、他にも塩焼きやみそ煮など様々な調理法で食卓を彩ってくれます。

ここではアジ生態旬の時期販売値段価格相場などについて紹介していきます。

Sponsored Link

アジの生態・特徴

アジはスズキ目アジ科に属する海水魚の1種です。

アジ科にはたくさんの品種が存在しますが、単にアジという場合は「マアジ」を指すのが普通です。

体長は通常30~40cmほどですが、中には50cmに達する個体もいます。

魚体は紡錘形でやや細長く少し側扁しており、側線と呼ばれる魚体側面の線上に硬い稜鱗(りょうりん)と呼ばれるうろこが並ぶことが特徴です。

 

アジには内湾に住み着くタイプと、外洋を回遊するタイプが存在し、内湾に住むものを「黄アジ」、外洋を回遊するものを「黒アジ」と呼んでいます。

黄アジは名前の通り魚体の背部が黄色を帯び、身には脂がよく乗っていますが、黒アジは体色が全体的に黒っぽく、外洋を回遊することから脂が少なく体形がスマートです。

 

アジの産卵期は11~8月頃とほぼ通年で、詳しい時期は地域によって異なります。

卵は約0.8~0.9mmの分離性浮遊卵で、受精後40時間ほどでふ化します。

誕生した稚魚は体長2.5mm前後で、流れ藻の周辺で動物プランクトンなどを捕食します。

寿命は平均5~6年程度と知られており、性成熟までに要する時間は2~3年です。

アジの生息場所

Sponsored Link

アジは北海道南部から東シナ海にかけて分布しています。

港の中といった浅い場所から水深150m前後の外洋まで幅広く生息しており、通常は群れを作り小魚や小型の甲殻類、多毛類などを捕食しています。

アジの旬の時期

アジの旬は4~7月頃ですが、産地によって異なります。

アジは産卵期の前の時期が栄養が蓄えられ、身に脂が乗り美味しいとされています。

アジの産卵期は11~8月とほぼ通年ですが、西日本では3~5月、東日本では5~8月頃が最盛期です。

よって、春先に旬を迎えるのは西日本産で、春から初夏にかけてが旬なのが関東産、夏場が美味しいのは東北地方産のアジです。

アジは青魚ですが、特有の臭いやクセが少なく食べやすい魚です。

足が速いのが難点ですが、新鮮なものは刺身にしても脂の旨味を楽しめます。

その他にも、煮物や汁物、焼き物や干物など様々な調理法と相性が良く、日本の食卓には欠かせない存在です。

アジの販売値段・価格相場

アジは全国的に商業漁業が行われており、年間を通して漁獲されているので、価格も安価で安定しています。

2017年の築地市場における鮮魚のアジの取扱い数量は約14万tで、卸売価格は1kg当たり平均で568円でした。

また、アジは加工品も数多く取引されており、同じくアジの開き干しの取扱い数量は約6000tで、平均卸売価格は468円でした。

小売価格としては鮮魚で1kg当たり1000円前後、開き干しで1kg当たり2000円前後で販売されていることが多いようです。

アジは通常では網で漁獲されますが、近年では釣りによって漁獲して状態の良いまま出荷した、ブランドアジも西日本を中心とした地域で見られます。

まとめ

・アジはたくさんの品種が存在しますが、単にアジという場合は「マアジ」を指すのが普通

・アジは産卵期の前の時期が栄養が蓄えられる4~7月頃が旬の時期

・アジは鮮魚で1kg当たり1000円前後、開き干しで1kg当たり2000円前後で販売されていることが多い

メバルの生態と旬の時期は?販売値段と価格相場はいくら?

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

生き物好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどでいいね!もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です