マグロが泳ぎ続ける理由は死ぬから?泳ぐ速さやスピードはどれくらい?

マグロというとお寿司や泳ぐのが早いというイメージが強いです

また、マグロに纏わる話でよく『泳ぎ続けなければ生きていけない』と聞きます。

今回はマグロがなぜ泳ぎ続けるのかや泳ぐスピードについて深掘りしていきます!

Sponsored Link

マグロの生態

ma

マグロは日本をはじめとした世界各国で食用されている魚です。

マグロの仲間は全長60cm~3mのものと様々な種類がいます。

最も大きいタイセイヨウクロマグロは全長4.5mで体重は680kgのものが確認されています!

体は紡錘形で高速遊泳に適した体をしているのが特徴的です。

マグロの生息域

マグロは全世界の熱帯・温帯海域に広く分布しています。

また、種類によっては分布域と生息している水深が異なります。

マグロの食性

マグロは肉食で海の表層から中層にいる魚類、甲殻類、イカ・タコ類を捕食しています。

あまりイメージはないですが、マグロは海の生物の中では高次捕食者です。

普段よく食べている食材ですが、高次捕食者のため個体数は多くありません。

マグロが泳ぎ続ける理由

Sponsored Link

マグロはずっと泳ぎ続けなければいけないと言われます。

その理由は”泳がないと呼吸ができない”からです。

一般的な魚類はエラ蓋や口をパクパクさせて呼吸をします。

しかし、マグロは常に口を空けた状態で泳ぎ、エラを通過する加水から多量の酸素を取り入れます。

そのため、泳ぐのを辞めてしまうと呼吸ができず窒息して死んでしまうので、泳ぎ続けなければなりません。

寝ている間も泳ぎ続けているというのがスゴイですよね…笑

マグロの泳ぐ速さ

mag

マグロは常に泳ぎ続けており、平均的な遊泳速度は時速3.6-10.8kmとされています。

瞬間的な最大速度は時速80~100kmと言わることもありますが、実際には最高速度を測るのは難しいのでデータがないそうです。

報告されている現実的な速度は時速18kmと言われています。

さすがに100kmはヤバイですからね…笑

しかし、水の密度は空気の800倍なので、空気中で泳ぐことが出来た場合はとんでもない速さで泳げるかもしれませんね!

まとめ

・マグロは全世界の温帯から熱帯海域に生息し、種類によって棲む水深が異なる

・マグロが泳ぎ続ける理由は泳がないと呼吸ができなくなってしまうから

・マグロの泳ぐ速度は平均が時速3~10km、最高速度は時速18km

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ウツボの牙も非常に凄いです!
ウツボの顎の力はどれくらい?鋭い歯で噛まれるから危険?

Sponsored Link

海の幸好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です