シュモクザメは人食いで危険なの?日本で事故の事例はある?

シュモクザメは少し変わった特徴をしていることから水族館でも人気のサメです。

水族館では人気者ですが、海水浴場などにも時折出没するので恐怖の対象でもありますね。

今回はシュモクザメ人食いザメなのか、日本事故事例は過去にあるのかなど危険性について深掘りしていきます!

Sponsored Link

シュモクザメの生態

shumoku

シュモクザメは頭部が左右に張り出しており、その先に目と鼻があります。

鐘を打ち鳴らす丁字型の撞木(しゅもく)の形に似ていることから、シュモクザメと言われています!

また、英語ではハンマーヘッドシャークと呼ばれるように、海外でも同じく金槌の形に見えているようですね。

シュモクザメの餌

シュモクザメの餌は口が下についているので、普段は海底の餌を狙っています。

特徴的な頭が獲物を捕食する際に重要になっており、ロレンチーニ器官という場所から微弱な電気を感知して海底に隠れている獲物を見つけます。

頭部で海底に潜むエイなどを掘り出し、頭で押さえつけて捕食するようです。

また、シュモクザメはサメの仲間の中でも珍しいことに群れを作って行動することがあります。

数が多いときは数百匹にもなることがあるようです…。

そんなタイミングに遭遇したらと考えると、さすがに怖いですね 笑

シュモクザメは人食いザメ?

Sponsored Link

サメというだけで怖いと思う人は多いと思います。

しかし、シュモクザメが人を襲ったという事例は正確な記録としては残っていません。

基本的には臆病な性格なサメなので率先的に人を襲うとは考えづらいです。

ただ、体の大きさや肉食の動物であることを考えると危険であることは間違いありません。

個人的には人を食べる可能性はあるが、『人食いザメ』という言うのは少し間違っていると思います…。

日本でシュモクザメによる事故事例は?

日本で起きたシュモクザメによる事故として有名なのは、1982年に熊本県で起きた事故です。

家族がヨットで楽しんでいた際に女の子の腹部が食いちぎられたという事故が起きました。

歯型の痕からシュモクザメと判定されていますが、これに対して否定的な意見も多いのであくまでも推察ということになります。

そのため、日本でもそうですが海外でもシュモクザメに人が襲われたという断定された事故はありません。

まとめ

・シュモクザメは頭が撞木(金槌に似たもの)の形に似ていることからシュモクザメと呼ばれる

・シュモクザメは海底の生物を捕食する比較的大人しいサメである

・シュモクザメに人が襲われたと断定できた事故がないため人食いザメとは言い切れない

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

大人しいサメの代表格ジンベイザメについてはこちら
ジンベエザメの大きさはどれくらい?飼育中の日本の水族館はどこ?

Sponsored Link

海の幸好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です