花咲ガニの価格相場はどれくらい?北海道根室での値段と価格推移についても

「花咲ガニ」はタラバガニ科に属する食用ガニです。

生息域が狭く、日本では北海道の一部でしか水揚げされないことから「幻のカニ」と呼ばれることもあります。

加熱すると見るも鮮やかな素晴らしい赤色に代わるだけでなく、身もミソも濃厚なうまみをもった、ごちそうにぴったりのカニなんです。

今回は、そんな花咲ガニ価格相場価格の推移についてお届けします。

Sponsored Link

花咲ガ二の価格相場

水揚げ量がそれほど多くなく、知る人ぞ知るカニである花咲ガニ。

その相場は、1㎏あたり6000~8000円ほどが目安です。

花咲ガニが水揚げされるのは、日本国内では北海道の一部に限られます。

外国ではロシアで採れたものが輸入されることがありますが、価格は北海道産のものの方が高く、味もロシア産よりも良いといわれています。

産地にこだわらず、とにかく花咲ガニをお手頃価格で食べてみたい!という方であれば、輸入ものを選ぶのもよいでしょう。

産地だけでなく、ほかにも大きさや状態によって花咲ガニの価格は大きく変動します。

インターネット通販などでは、いわゆる「訳アリ品」の花咲ガニが販売されていることもあります。

「訳アリ品」は脚が水揚げの際に一部損傷してしまっているなど、正規の価格では販売することのできない個体。

完璧な状態のものよりも値段がぐっと下がりますが、味はほとんど変わらないため、自宅で個人的に楽しむようであればこういったお買い得商品を選ぶのもおすすめです。

花咲ガニ一杯の値段

Sponsored Link

カニの脚を甲羅から外し、食べやすい状態に加工したものを「肩」とよび、逆に甲羅と脚がついたままの丸もののことを「姿」とよびます。

花咲ガニを姿で購入する場合、1杯当たりの価格はカニの大きさによって変化します。

1杯が1㎏以上の大きな個体の場合は8000円以上することが少なくありませんが、500gほどの大きさのものであれば1杯当たり3000円ほどで購入できます。

また、ボイルされたものや冷凍されたものなど、その販売形態も様々です。

できるだけ新鮮なものを安価で買いたいのであれば、産地である北海道へ行ってみるのもおすすめします。

北海道の根室市は花咲ガニを特産として押し出しており、現地では他で買うよりも安く花咲ガニを購入できます。

姿の花咲ガニが1杯2000円台で購入できることも!

産地で購入すれば、安心して高品質の花咲ガニを楽しめますよ。

花咲ガニの価格推移

北海道では、花咲ガニは春から秋にかけて漁がおこなわれます。

資源ほどの観点から漁期が決まっているため、漁期意外に販売されている花咲ガニは冷凍されていたものか輸入ものです。

一方、年末年始の宴会シーズンや贈答用に需要が高まる12月や1月は競争率が高くなります。

安く新鮮な花咲ガニを食べたい場合は7月から8月の真夏がおすすめです。

花咲ガニは数十年前、現在よりも何倍も多い水揚げ量がありました。

価格も今ほど高くなく手に取りやすいカニだったのですが、近年は漁獲量がどんどん減少し、年々価格は高くなっています。

食べてみたいと思った方は、ぜひ今年こそ花咲ガニを探してみてください!

まとめ

・花咲ガニの価格は1㎏あたり6000~8000円ほど

・花咲ガニを姿で購入する場合は大きさによって価格が大きく変わる

・産地の北海道根室などでは花咲ガニを安く手に入れることができる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

越前ガニの価格相場はどれくらい?一杯の値段と価格推移についても

Sponsored Link

海の幸好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です