タラバガニはヤドカリの仲間なの?カニじゃないのになぜカニって言うの?

タラバガニ食べるカニとして有名ですね。

とても美味しいことから古くから食用として珍重されています。

でも実はタラバガニは『カニじゃない』んです!

今回は食用カニとして親しまれているタラバガニについて深掘りしていきます。

Sponsored Link

タラバガニはカニではなくヤドカリの仲間?

yado

名前に『カニ』とあるのでカニだと思ってしまいますが、タラバガニはれっきとしたヤドカリの仲間なんです。

ヤドカリの仲間は宿となる貝殻のあるかないかで区別されているわけではありません。

姿形の違いは色々ありますが、カニとヤドカリを区別する上では『足の数』が重要になってきます!

同じく食用のカニとして人気の高いズワイガニとタラバガニを比較してみましょう。

zuta

一目瞭然ですがズワイガニは脚が5対(10本)に対して、タラバガニは脚が4対(8本)なんです。

比較的身近で見つけることのできるカニも脚は5対だということが確認できます。

kani

それに対してヤドカリの仲間はみんな脚が4対です。

こちらは沖縄にいるヤシガニという種類の生き物です!

yasi

同じく『カニ』と名前につきますが、ヤドカリの仲間に分類されています。

カニじゃないのにタラバガニという名前なの?

Sponsored Link

確かにヤドカリなのに『カニ』とつくのは学術的には問題があります。

しかし、広く普及している名前を重視する姿勢があったため、改名されずにそのまま使われているそうです。

これはカニ以外にも言えることで日本ではタヌキのことをアナグマ、アナグマをタヌキと呼ぶ地域もあるように名前に関して結構ルーズなところがあります…笑

名前の『タラバ』というのは生息域がタラの漁場である『鱈場』と重なっていたため、その名が付きました!

また、先程比較で出したヤシガニも『カニ』と名前に付いているように殻がなくてカニに見えるものは『~ガニ』と付けられてしまっているようです。

他にも『ハナサキガニ』や『アブラガニ』も脚が4対なのでヤドカリの仲間ということになりますね。

普段あまり気にしないことかもしれませんが、カニだと思っていたものがヤドカリだったというのは何だか不思議な気分です。

あとズワイガニや毛ガニと比較すると脚が2本少ないということになるので、少し損(?)なのかもしれません!笑

まとめ

・タラバガニはカニじゃなくヤドカリの仲間だった

・カニとヤドカリの違いは脚の本数で区別することができる

・タラバガニ以外にもハナサキガニやアブラガニもヤドカリの仲間

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

世界最大のカニについて
タカアシガニは食べると美味いの?旬の時期と販売値段はどれくらい?

Sponsored Link

海の幸好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です